世界が注目! 奇跡のユーグレナ

今、全世界が注目している「ユーグレナ」に関するブログです

ユーグレナは18種類のアミノ酸をバランス良く含んでいます

タンパク質は生物の体を構成している主な成分であり、細胞の主成分でもあります。
またタンパク質は、生きていく上で非常に重要な機能を果たすものです。

例えば、人間であれば筋肉や内臓などの構成成分であり、皮膚の色やお酒に強いか弱いかなどの性質を決めているのもタンパク質です。
さらに、ホルモン、酵素、コラーゲン、ケラチンなど生物活動を担うタンパク質は10万種類以上もあります。

 

ところで、タンパク質はアミノ酸が長鎖状につながったもので、このアミノ酸の配列によりタンパク質の種類が違ってきます。
そして、遺伝子の命令によりアミノ酸の配列を決めることにより、所望のタンパク質をつくりだしています。

 

必須アミノ酸について;

必須アミノ酸とは、その動物の体内で十分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のことです。
ヒトでは、一般に次の9種類が必須アミノ酸です。
・トリプトファン
・リシン(リジン)
・メチオニン
・フェニルアラニン
・トレオニン
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・ヒスチジン

必須アミノ酸は全種類をバランスよく摂取しないと有効に利用されません。
つまり9種類のうち1種類でも含有量の少ないものがあると、それ以外のアミノ酸を有効に利用することができません。
このため、必須アミノ酸をバランスよく含む食物ほどスコアが高いと表現されます。
(参照:ユーグレナは「桶の理論」でも最高のサプリメントです

 

ユーグレナは、18種類のアミノ酸をバランス良く含んでいます。
ユーグレナに含まれるアミノ酸を下記表に示します。

バリン 成長促進・筋肉強化
ロイシン 肝臓の機能UP・筋肉強化
イソロイシン 神経の働きをサポート・筋肉強化
リジン 組織の修復・抗体の材料
スレオニン 成長をサポート
メチオニン 解毒作用・抗腫瘍作用
フェルニアラニン ドーパミンの材料・血圧の上昇効果
ヒスチジン 幼児の発育に必要・神経系をサポート
トリプトファン 鎮痛作用・免疫力UP
アラニン 肝臓のエネルギー源
アルギニン 成長ホルモンの合成・体脂肪の代謝促進
アスパラギン 新陳代謝促進
グルタミン 胃腸、筋肉の機能保持・体脂肪の代謝促進
プロリン グルタミンから合成されるコラーゲンの主要成分
チロシン 神経伝達物質の材料
グリシン ヘモグロビンの材料・解毒作用
セリン リン脂質の材料
シスチン メラニンの産生抑制効果

 

大注目のユーグレナですから既にたくさんのユーグレナ・サプリが市販されておりますが、ユーグレナを大量培養できるのは「ユーグレナ社」だけです。
ユーグレナは59種類もの栄養素をバランス良く含むことで高く評価されているのですが、「アミノ酸」に関してもバランス良く含んでいることがわかります。

ユーグレナ社の緑汁↓↓↓