世界が注目! 奇跡のユーグレナ

今、全世界が注目している「ユーグレナ」に関するブログです

ユーグレナが含む我々に必要な9種類のミネラル

ユーグレナは光合成により成長する植物的性質を持つ生き物なので、含まれるミネラルはすべて植物ミネラルです。

植物ミネラルについて

我々人間は、体内でミネラルを作り出すことができません。
つまりミネラルは、外部から補給する以外ありません。

「じゃあ、つまりミネラルをたくさん摂ればいいのね!」と、たくさんのミネラルを、安価なサプリメントで摂取しようとするのは止めてください。
危険です。

「ミネラル」と一口にいっても、種類があります。
ミネラルのタイプには、大きくわけて2種類あります。
このタイプの違いによっては、人体に害をもたらす場合があります。
人体に害をもたらすタイプのミネラルが、「金属ミネラル」です。
「水俣病」などの病気は、この金属ミネラル“水銀”の大量摂取が原因です。

「良質のミネラル」というのは、こういった「金属ミネラル」ではなく、 体に害のない植物由来の「植物ミネラル」なのです。

金属ミネラルは手に入れ易いミネラルなのですが、吸収率が8~12%と悪く、摂りすぎると害があります。
にがり・海洋深層水など、一般に出回っているミネラルはいくら自然から採れたミネラルでも「金属ミネラル」にあてはまります。
吸収率をよくしたアミノ酸キレートタイプの金属ミネラルでも、その吸収率は40~60%といわれています。

植物ミネラルとは、植物由来のミネラルのことです。
ガラスを通り抜ける程の超微粒子です。
吸収率は、限りなく100%に近いといわれています。
100%天然由来なので摂りすぎによる害もなく、お子様や妊婦さんにも安心です。

つまり、「金属ミネラル」と「植物ミネラル」ではミネラルの粒子の大きさが違います。
植物ミネラルの粒子の大きさは、小さいものだと1インチ(2.54cm)の「1000万分の1」の大きさで、これは顕微鏡でも見ることができずガラスを通り抜けるほどの超微粒です。
これに比べて「金属ミネラル」は、植物性ミネラルの「数100倍、数1000倍」の大きな粒子です。 この粒子の大きさの違いは、「吸収率の違い」に直に関係しています。

植物は根酸を分泌することにより、土壌中の不溶性ミネラルを可溶性に変換できます。
つまり植物は、根酸により不溶性ミネラル(金属)をキレート化することができるので、金属ミネラルの吸収が可能なのです。
したがって、植物が吸収したミネラルはキレート化された有機物ということになります。

我々人間は、植物を食べることにより「植物ミネラル」を摂取するわけです。
我々が植物を食べることにより摂取するミネラルは、キレート化されたものであるため吸収率が高いわけです。

 

ユーグレナに含まれる植物ミネラルを紹介いたします。

カルシウム

人体に一番多く存在するミネラルです。

リン、マグネシウムとともに、歯や骨を形成する主成分です。

しかし、体には吸収されにくい栄養素のひとつであるため、吸収率を上げるための効果的な組み合わせなどを工夫する必要があります。

また、子供の成長には欠かせないものですが、閉経後の女性は骨粗鬆症を防ぐ意味でも重要なミネラルの為、
意識して取ることが大切です。

カルシウムについての参照記事⇒

 

マグネシウム

カラダを構成するひとつひとつの細胞の活性に関わる重要な栄養素のひとつで、植物が持つクロロフィルの構成成分です。

植物は光合成でエネルギーを得ていますが、その光合成を行うのが、このクロロフィルです。

マグネシウムがなければ、植物もそれを食べている動物もエネルギーを得ることができません。

エネルギーは、運動をすることだけでなく、食べ物を消化・吸収したり、脳を使ったり、感情表現にも欠かせないものです。

細胞の中にマグネシウムがたくさんなければ、こうした生命活動はできないのです。

マグネシウムについての参照記事⇒

 

リン

体内ではカルシウムについで多いミネラルで、その85%がカルシウムと結合して骨格を形成しています。

また、脂質と結合して細胞膜や核酸の成分に使われ、リン脂質が分解されてできる脂肪酸は神経伝達に重要な成分です。

リンについての参照記事⇒

 

ナトリウム

主に、体内の細胞外液に存在しています。

 

カリウム

細胞内の水分量を調整し、筋肉の動きをコントロールしたり、血圧を安定させたりします。

細胞の内側にカリウム、外側にはナトリウムが存在し、互いに細胞の内と外を行き来してバランスを調整しあっています。

日本人はナトリウムの摂取量が多い為、それを意識してカリウムの摂取が必要といわれています。

 

亜鉛

多くの補酵素成分になり、新陳代謝に欠かせない栄養素です。

細胞の新生やたんぱく質の合成に必要で、成長や、傷の修復などにも不可欠です。

体内には約2グラム存在し、主に骨、皮膚、肝臓、脳、腎臓などにあり、その多くがたんぱく質と結合しています。

また味覚をつかさどる味蕾の新陳代謝にも関与するため、亜鉛不足になると味が正常に感じられなくなります。

加工食品には亜鉛の吸収を妨げる添加物が使われることがあるため、加工食品中心の食事には注意が必要です。

亜鉛についての参照記事⇒

 

赤血球のヘモグロビンの構成成分として重要で全身に酸素を供給します。

体内に3~4グラム存在し、その多くが血液中にたんぱく質と結合して存在します。

鉄についての参照記事⇒

 

約10種類の酵素の成分になります。

これらの酵素は鉄がヘモグロビンに合成されるのを助けたり、活性酸素を除去したりという多くの機能に関与しています。

銅についての参照記事⇒

 

マンガン

骨の形成を促す酵素やたんぱく質などの代謝に関与する酵素の成分になり、また炭水化物や脂質の代謝に関与しています。

ユーグレナ社の「緑汁」↓↓↓

 

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報